2010年5月6日
江戸川ケーブルテレビ
株式会社ジュピターテレコム

江戸川ケーブルテレビと東京ケーブルビジョンがケーブルテレビ事業の譲渡で合意

株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長 最高経営責任者:森泉 知行)の連結子会社である江戸川ケーブルテレビ株式会社(J:COM江戸川、本社:東京都江戸川区、代表取締役社長:山口 敬一)は、財団法人東京ケーブルビジョン(TCV、本社:東京都新宿区、理事長:山口 睿樹)が江戸川区葛西地区で運営する「ケーブルビジョン葛西」を、総務省の認可を前提に2010年6月1日(予定)に譲り受けることとなりましたので、下記の通りお知らせいたします。

1. 事業譲受の理由

J:COM グループは、成長戦略の柱としてケーブルテレビ事業者への積極的な資本参画によって事業拡大を推進してきました。このたび、TCVが江戸川区葛西地区で展開するケーブルテレビ事業である「ケーブルビジョン葛西」を、J:COM江戸川が譲り受けることで合意し、事業譲渡契約の締結に至りました。

TCVは、1990年より江戸川区葛西地区一帯における原因者が特定できないテレビの電波受信障害の改善を目的として、「ケーブルビジョン葛西」の愛称でケーブルテレビ事業を運営してきました。2009年12月末時点で、多チャンネル加入約1,200世帯、インターネット加入約800世帯を含む約24,000世帯にサービスを提供しております。

今回の事業譲渡によりJ:COMの加入者となるお客さまには、今後「J:COM オン デマンド」などの付加価値の高いサービスをご利用いただける「J:COM TV デジタル」や、超高速の「J:COM NET ウルトラ160Mコース」を始めとする高速インターネット接続サービス「J:COM NET」、さらに固定電話サービス「J:COM PHONE」等のサービスの導入をはかり、お客さまの満足度を高めると共に、当社の収益力を高めていく計画です。

2. 譲渡契約の内容  

(1) 内    容
  (財)東京ケーブルビジョンが東京都江戸川区葛西地区で運営する
  有線テレビジョン事業及び電気通信事業の譲受

(2) 譲受年月日

  2010年6月1日(予定)
(3) 対象エリア   江戸川区葛西地区


3.譲渡者の概要

(1)名     称
  財団法人東京ケーブルビジョン(TCV)
(2) 代  表  者   理事長 山口 睿樹
(3) 事 業 内 容   有線によるテレビジョン放送の再送信およびこれに付随して
  行なう役務の提供等
(4) 所  在  地     東京都新宿区大久保1丁目3番21号 
(5) 設立年月日    1970年1月13日 
(6) 決  算  期    3月末 
(7) 出 捐 団 体   日本放送協会、民間放送事業者各社、社団法人日本新聞協会、
  日本電信電話株式会社、社団法人電子情報技術産業協会、
  株式会社日本ケーブルビジョン放送網、東京電力株式会社、
  社団法人東京銀行協会、江戸川区、中野区 


4.業績に与える影響

  本件による2010年12月期のジュピターテレコム連結業績への影響は軽微です。


江戸川ケーブルテレビ株式会社(J:COM江戸川)について
株式会社ジュピターテレコム(J:COM)が運営するケーブルテレビ運営会社です。東京都江戸川区でケーブルテレビ、高速インターネット接続、固定電話、移動体通信のサービスを提供しています。

ジュピターテレコムについて http://www.jcom.co.jp/
株式会社ジュピターテレコム(本社:東京都千代田区)は、1995年に設立された国内最大手のケーブルテレビ局・番組供給事業統括運営会社です。ケーブルテレビ事業は、札幌、仙台、関東、関西、九州エリアの23社48局を通じて約329万世帯(2010年3月末現在)のお客さまにケーブルテレビ、高速インターネット接続、固定電話、移動体通信の4サービスを提供しています。ホームパス世帯(敷設工事が済み、いつでも加入いただける世帯)は約1,274万世帯(2010年3月末現在)です。番組供給事業においては、17の専門チャンネルに出資及び運営を行い、ケーブルテレビ、衛星放送、IPマルチキャスト放送等への番組供給を中心としたコンテンツ事業を統括しています。ジャスダック証券取引所に上場しています(コード番号: 4817)。