2013年4月18日
株式会社ジュピターテレコム

マンション向け電力サービス「J:COM電力」 関東全域で提供開始

株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森 修一)は18日より、70世帯以上の規模の建物に対して、電気料金が割安となるマンション向け電力一括受電サービス「J:COM電力」の提供を関東1都5県(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、群馬県)のJ:COMエリアで開始します。

J:COMは昨年12月に電力提供サービスを開始しました。住友商事グループの国内電力事業会社であるサミットエナジー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:北村 真一)から電力の供給を受け、J:COMがマンション単位で一括契約を締結することにより、マンションに居住するお客さまは従来の電力会社と契約するよりも安く電力をご利用いただけるようになります。J:COMの放送・通信サービス(ケーブルテレビ、高速インターネット接続)とセットでご契約いただくと電気料金が更に割安となります。

J:COMは中期事業計画で発表した「J:COM Everywhere」構想のもと、放送・通信サービスを核にして、地域のお客さまの生活に役立つ様々なサービスを“ワンストップ”で提供しています。放送・通信のサービスに加えて、生活に欠かせないライフラインサービスである「J:COM電力」を提供することにより、これまで以上にお客さまとの接点を強化し、地域に密着したサービスを展開していきます。

電力ロゴ.jpg

                           J:COM電力サービスロゴ

ジュピターテレコムについて  http://www.jcom.co.jp/
株式会社ジュピターテレコム(本社:東京都千代田区)は、1995年に設立された国内最大手のケーブルテレビ事業・番組供給事業統括運営会社です。ケーブルテレビ事業は、札幌、仙台、関東、関西、九州エリアの11社50局を通じて約375万世帯のお客さまにケーブルテレビ、高速インターネット接続、電話等のサービスを提供しています。ホームパス世帯(敷設工事が済み、いつでも加入いただける世帯)は約1,393万世帯です。番組供給事業においては、17の専門チャンネルに出資及び運営を行い、ケーブルテレビ、衛星放送、IPマルチキャスト放送等への番組供給を中心としたコンテンツ事業を統括しています。大阪証券取引所ジャスダック市場に上場しています(コード番号: 4817)。  ※上記世帯数は2013年3月末現在の数字です。