2017年2月20日
株式会社ジュピターテレコム

J:COMから、いつでも好きな場所でテレビを楽しめる
新タブレット&新スマートフォン登場!
国内初の「LG G Pad 8.0 Ⅲ」と「富士通 arrows M03」を3月より販売開始

株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:牧 俊夫)は、「J:COM TV」サービスの放送中の番組やJ:COMオンデマンドを、いつでも好きな場所で2台目のテレビとして楽しむことができる新J:COMタブレット「LG G Pad 8.0 Ⅲ」と、サポート充実の「J:COM MOBILE」サービスの新スマートフォン「富士通 arrows M03」を、3月より全国のJ:COMエリア*1*2で販売開始いたします。

「LG G Pad 8.0 Ⅲ」(イメージ)
「富士通 arrows M03」(イメージ)

1.新J:COMタブレット「LG G Pad 8.0 Ⅲ」について

「LG G Pad 8.0 Ⅲ」は、モバイルバッテリーの代わりに他のスマートフォンを充電できる「おすそわけ充電」や、パソコンがなくても様々な作業を行うことができるMicrosoft社「Word」「Excel」搭載、現行モデル「LG G Pad 8.0 L Edition」と比較してカメラの画素数や動作速度などが向上した端末です。

本端末はLTE通信に対応しているため、家の中だけでなく外出先でも、「J:COMオンデマンド」アプリから「J:COM TV」サービスの放送中の番組や「J:COMオンデマンド」*3を、いつでも好きな場所で楽しむことができます。

3月1日より販売を予定しており、動画視聴に便利なスタンド式の「LG G Pad 8.0 Ⅲ用カバー」や、SDカード、イヤホンも端末と一緒にご購入いただけます。

2.新スマートフォン「富士通 arrows M03」について

「富士通 arrows M03」は、価格とスペックのバランスの良さと、日本製である安心感と信頼性によりユーザーの高い評価をいただいているスマートフォンです。様々なシーンでご利用いただける「防水・防塵」仕様に、モバイルSuicaや楽天Edyなどの各種電子マネーサービスに対応した「おサイフケータイ®」機能、さらに「安心の電池3日持ち」*4のバッテリー搭載で、外出の際にも安心してご利用いただけます。

本端末は3月より、順次、販売いたします(販売日は決定次第、J:COMホームページでお知らせします)。お客さまは「J:COM MOBILE スマホセット」をご契約の際に「富士通 arrows M03」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)もしくは「LG Wine Smart」(LG Electronics製)のいずれかを選択いただけます。

また、新端末登場に合わせ、大切な端末を守るアクセサリー「富士通 arrows M03用カバー・保護フィルムセット」も販売します。保護フィルムは、お買い上げいただいた端末に貼付してお届けします。J:COMは自動貼付機を採用しており、気泡・ホコリの入り込みやフィルム位置ずれなどの心配がなく、大変きれいな仕上がりになります。その他にも、SDカード、イヤホンも端末と一緒にご購入いただけます。

3.サポート充実、いつでも好きな場所でテレビを楽しめると、大好評のJ:COMサービス

J:COMタブレットやJ:COM MOBILEは、加入時の初期設定・操作説明の無料訪問サポートや電話による遠隔サポート等、お客さまが安心してタブレット・スマートフォンのご利用を開始できるサポート体制の充実に力を入れているほか*5、「J:COMオンデマンド」アプリを利用した動画配信サービス「J:COMオンデマンド」*3の映像コンテンツ視聴時のパケット量が月間のデータ通信量にカウントされない*6など、J:COMならではのサービスで大変好評を頂いております。

今後もJ:COMは、お客さまの生活全体を支える“J:COM Everywhere”の実現に向け、J:COMのモバイルサービスをますます深化・強化させ、いっそうのお客さま満足度の向上に努めてまいります。

端末概要など詳細はこちらPDFファイルをご覧ください。

  • *1J:COMサービスは、札幌、仙台、関東、関西、九州・山口でご加入いただけます。J:COMグループのうち、横浜ケーブルビジョン㈱および大分ケーブルテレコム㈱では提供しておりません。J:COMエリア外にお住まいの方は、申込みできません。
  • *2音声通話・データ通信ともに、auの4G LTEエリアでご利用いただけます。3G通信はご利用いただけません。
  • *3「J:COMオンデマンド」は、J:COMが提供する映像配信サービスです。ご利用には、ケーブル多チャンネル放送「J:COM TV」サービスへのご加入が必要です。契約コースや建物によってはご利用いただけない場合があります。「J:COMオンデマンド」の総配信本数は58,000本で、そのうち37,000本がマルチデバイス視聴に対応しています(2016年12月1日現在)。コンテンツは有料・無料のものがあります。マルチデバイス対応コンテンツは「J:COMオンデマンド」アプリを通じて、スマートフォンやタブレット端末などお手持ちのモバイル機器でいつでもどこでもご覧いただけます。
  • *4一般的に想定されるスマートフォンの利用があった場合の電池持ち時間です。実際の利用状況によってはそれを下回る場合があります。
  • *5ご加入後は「おまかせサポート」(月額500円(税抜)/世帯)のご利用で、訪問サポートや電話による遠隔サポートが受けられます。
  • *6「J:COMオンデマンド」アプリを利用して映像コンテンツを視聴する際、パケット量は月間のデータ通信量にカウントいたしません。利用者は、いつでもどこでもパケット制限を気にせず動画コンテンツをお楽しみいただけます。データ通信量(パケット)カウントなしの対象となるのは、「J:COMオンデマンド」アプリでコンテンツを視聴した場合のみです。同じコンテンツでも「J:COMオンデマンド」アプリ以外のアプリを利用すると、データ通信量がカウントされます。「J:COMオンデマンド」アプリをご利用の場合でも、ネットワーク混雑回避のために、直近3日間 (当日を含みません) に6GB以上のご利用があったお客さまの「J:COM MOBILE」の通信速度を終日制限させていただく場合があります。

ジュピターテレコムについて

http://www.jcom.co.jp/

株式会社ジュピターテレコム(本社:東京都千代田区)は、1995年に設立された国内最大手のケーブルテレビ事業・番組供給事業統括運営会社です。ケーブルテレビ事業は、札幌、仙台、関東、関西、九州・山口エリアの28社75局を通じて約528万世帯のお客さまにケーブルテレビ、高速インターネット接続、電話、モバイル、電力等のサービスを提供しています。ホームパス世帯(敷設工事が済み、いつでも加入いただける世帯)は約2,113万世帯です。番組供給事業においては、17の専門チャンネルに出資及び運営を行い、ケーブルテレビ、衛星放送、IP マルチキャスト放送等への番組供給を中心としたコンテンツ事業を統括しています。
※上記世帯数は2016年12月末現在の数字です。

  • 企業情報TOP
  • ニュースリリース
  • いつでも好きな場所でテレビを楽しめる 新タブレット「LG G Pad 8.0 Ⅲ」&新スマホ「富士通 arrows M03」3月より販売開始